初めてホームページを持つ人がWeb制作業者を選定するなら。ホームページ簡単作成名人で誰でもホームページを作成・公開。

初めてのホームページ業者(Web制作会社)選び

前回のコラムでホームページの重要性はお分かりいただけたと思います。では、初めてのホームページはどのように作れば良いのでしょうか? いや、そもそもどのような契約が必要なのでしょうか? どれだけお金がかかるのでしょうか? 初めての事だらけで疑問がいっぱいに思うかも知れません。

こうした疑問が事業主の皆様にとってホームページに着手する障害になっていることを、私どもは調査によって把握しております。そこで、このコラムでは、初めてホームページ業者(Web制作会社と言います)を選定する方を対象に、ホームページにかかる費用や契約形態等がどのようになっているかを客観的にお話していきたいと思います。

あくまでこのコラムは初めての方向け(初心者向け)ですので、専門用語の噛み砕いた説明も行っています。こ自分で「そこまで初心者ではない」と思われる方は読み飛ばして頂いて構いません。

ホームページの契約内容

非常に面倒なことに、ホームページの契約形態には様々なパターンがあります。そして、それを理解しようとすると「独自ドメイン」だの「容量」だの、ホームページに関わるけれど、初めての人にはよくわからない仕組みについての解説も聞かされます。そこで、こうしたことに詳しい人がいれば良し、もしいなければ「またにしよう」となってしまい、結局、自ら変われずに遅れをとることになっていってしまいます。まるで、保険会社を金額で選ぼうとすると、各社の内容が微妙に異なっていて、非常に比較がしづらいことに似ているかのようです。

そこで、まずはこうしたものが何か、をざっくりとご説明しましょう。

1 ホームページそのもの

ホームページとは、前のコラムでもご説明したように、インターネット上にあり「いつでも誰でも見ることができる掲示板のようなもの」です。ただ、普通の掲示板と異なるのは紙を貼り付けるのではない(ネット上ですから)だけではなく、作成することにHTMLやCSSという専門の知識が必要です。HTMLやCSSが何かは、ここでは気にしなくて構いません。ただ一つ明確に言えることは、その知識を操れないと、原則としてホームページは作れない、ということです。つまり、その道の「プロ」がいて、その人たちが制作を行っています。つまり、まず、ホームページを作るのには「制作料」が必要だ、ということを覚えておいてください。

ただし、ここで気をつけたいところがあります。その道の「プロ」の人たちは基本的にはその道のプロであって、あなたの事業のプロではない、ということです。つまり、あなたの事業をよくは理解していませんし、そのような状態であなたの代わりに適切な文章や挿絵・写真などを自ら進んで作ることはありません。もし、あなたが文章作成や挿絵・写真の手間を面倒と思うなら、そこまで依頼できる業者を探す必要があります。多くの業者はプロのライター(文章を書く専門家)と契約していて、その派遣までしてくれますが、もちろんそのためには追加費用がかかります。

2 ホームページを常時掲載するための器となるサーバー

上の1で制作されたホームページは、インターネット上に掲載されなければなりません。しかも、「いつでも誰でも」見れるようにしておかなければなりません。このようにホームページを掲載しておく場所をウェブサーバーと呼び、そのウェブサーバーを利用するためにも費用がかかります。

面倒なことに、このサーバーは何かの拍子に止まってしまうことがあります。そうした事態に対応するため、24時間の監視体制が必要です。この常時監視体制にも費用が発生することになります。

なお、このサーバーのスペックについて「容量*バイト」とか「稼働率*%」のような指標を掲げているところもありますが、一般的なホームページを作成するのであれば、それほどスペックを気にする必要はありません。というのは、業界には多くの業者がおり、既に金額もこなれたものになっているので、大抵必要なスペックは満たしているからです。実際、サーバーだけを提供する業者の場合、格安なものが増えています(月額100円前後など)。Web制作会社とサーバー管理会社を別に契約する場合であれば、サーバー管理会社のほうは格安なもので十分ですのでそれをお勧めします。

3 ホームページの住所(場所)を決定するアドレス

ホームページを掲載する際の決まりごととして、インターネット上に唯一の住所を設定することになっています。よく、ホームページを見ているとアドレス欄に「http://****.co.jp(****には色々な文字が入ります)」などと書いてあるのを目にしますが、これがそのホームページのアドレス(住所)です。初めての人にはややこしく感じる話かもしれません。

この住所は2つの持ち方があります。

A 一軒家型(「独自ドメイン」型と呼びます)

これは、あなた自身がアドレスの所有者となり、自由にアドレスを決められるものです。アドレスの文字の中に「ドメイン」と言われる部分があり、それを自由に設定することができますが、既に他者が所有しているものは使用できません。つまり、早い者勝ちとなります。

B マンション型(「サブドメイン型・サブディレクトリ型」などがあります)

これは、他社が管理している住所の「ドメイン」の中に自分の住所を間借りする形をとるものです。○×マンションの304号室、みたいなイメージですので、住所としては、自社ホームページという感じにはなりません。

どちらの場合でもそのアドレスを維持するための費用がかかります。ですが、会社やお店としての体裁やブランドを保つためにはAのほうが明らかに良いと言えます。近年はそれほどコストもかからないので、可能であればAを選ぶのが良いでしょう。

なお上記、格安サーバー管理会社の場合、ドメイン取得もさほどのコストをかけずに取得できるところが多くなっています。ただし、格安なだけあり、こうしたサーバー管理とWeb制作会社が別々となってしまい、それらと個別に契約しなければならない点がデメリットではあります。この点、最近ではドメイン・サーバー・Web制作を一体にしたクラウドサービスも増えてきており、格安で提供する会社も出てきていますので、それも検討されると良いと思います。

4 メールサービスの有無

特に上の3で一軒家型である「独自ドメイン」型を選ぶと、あなたが使うメールについても同じドメインが使えたほうが、あなたのお客様にとってはわかりやすくなります。このメールサービスがホームページの契約に付帯している場合、通常は同じドメインが使えるように設定してくれますので、そのような契約だと別途メールを設定する手間や契約がなくて便利です。

逆にメールサービスを提供していない業者の場合、そのドメイン管理等を含めて、自分で別途契約や設定をする必要があります。これにはかなりの専門的知識が必要となりますので、初めてホームページやメールを契約する場合、よほどの自信がない限り、おすすめできません。

なお、金額帯によって使えるメールアドレスの個数が制限されていることがよくあります。契約上、1つのメールアドレスしか使えない場合は、もし従業員が複数いた場合に全員でアドレスを共有する必要がありますし、正直不便になります。なるべく、複数のメールアドレスがセットになっているところを選ばれるのが良いと思います。

5 スマホへの対応

近年、携帯電話をスマートフォンにする人が増えてきました。すでにホームページをお持ちの方ならよくご存知と思いますが、パソコンに比べて画面の小さいスマホは、一度に表示できる情報量が少なくなります。このため、「スマホ対応」サイトを別途制作しなければならない、ということが数年前までよく行われていました。

現在では、業者によって、パソコンサイトを自動的にスマホサイトに変換するツールを持っていて、スマホサイトも同時に変更できたり、「レスポンシブWEBデザイン」というGoogle社が提唱した方法により、パソコンサイトとスマホサイトを区別することなく、自動的に最適化されたページとして表示させるようにした方法が主流となりつつあります。いずれにせよ、スマホサイトを別途制作したり、パソコンサイトを更新する度にスマホサイトの当該箇所も更新しなければいけないような業者は、既に時代遅れと言えます。スマホ対応を謳っているところが良いでしょう。

6 更新が自分で出来るか否か

よく、業者選びをする際に見落としてしまいがちなのが、制作完了後の対応です。この時、例えばあなたが店舗を経営していたとして、明日、急な用事で休業しなければならなくなったとします。そのような際に「お知らせ」欄に記載するべきそのような休業のお知らせを追加するのにいちいち業者を通さないといけないとなると、時間のロスになり、結局はお客様に届かないままとなってしまう場合があります。

このような事態に対処できるよう、更新作業を業者がやってくれるかどうかを別にして、「自分でも出来るかどうか」を基準にして選ばれることをお勧めします。

ホームページの編集ソフトを使う場合でも、ブラウザを使って修正できるものの場合でも、いずれにせよ、自分にとって簡単に思えることが大切です。まずは使ってみて、自分で使用感をしっかりと確認できると安心です。

まとめ

それでは、ここまで出てきた用語を下記のとおり、まとめておきましょう。ホームページ業者との契約の中に、何が含まれていて、何が含まれていないか、基本的な事柄を挙げさせていただきました。

いかがでしょうか? もしあなたが初めてホームページを作ろうとしており、あまりホームページにコストをかけたくないと思っていらっしゃるのであれば、ラクしてすぐにホームページが持てる、弊社の「ホームページ簡単作成名人」をお勧めします。45日間の無料お試しができますので、実際に使用してみて、その簡単さを実感してみてください。

・・・あなたも「ホームページ簡単作成名人」で効果のあがるホームページ作りの第一歩を踏み出しませんか? 45日間の無料お試し体験は下記からお申し込みください。

最新のコラム