ホームページの作り方|お役立ちコラム10

ホームページの作り方

今回は、改めて「ホームページの作り方」についてお話をします。前回のコラム「ウェブ制作のキホンとは?」で、ホームページを作る作業は簡単になったけれども、コンテンツを作る難しさ、重要性はむしろ増してきている、というお話をしました。要するに、作る「手順」は楽になったけれども、作る「内容」自体は自力でやる必要があり、むしろその点での勝負になってきています、という事になります。

今回のコラム「ホームページの作り方」では、ホームページの内容的な部分も含めて、実際の現場でのホームページの作り方とはどのようなプロセスなのか、ご説明しましょう。特に、業者への発注も含め、一度でもホームページを作る現場に関わった事のある人であればお判りいただけますが、意外とホームページの作り方は奥深く、そして一人で行うには難しいものである事がお判り頂ければと思います。もちろん、「ホームページ簡単作成名人」を利用する方法を除いては、と言う事になりますが(笑)。では早速、「ホームページの作り方」を順を追って見て行きましょう。

ホームページの作り方、その手順

今このコラムをご覧になっている方の中には、Googleなど検索エンジンで「ホームページの作り方」で検索をした結果、このコラムをお読みになっている人も多いと思います。実際、「ホームページの作り方」で検索をすると、「簡単に作れる」とか「一日で作る」と言うような内容を謳っているホームページもあります。ですが、このサイトの前のコラムのように、本音で「ホームページを作る作業は面倒」と言うサイトもあります(まあ、少数派かも知れませんが)。ともあれ、ホームページの作り方が実際どうなのかは、皆さんの知識や経験に寄るところが大きく、全ての人がにカンタンに一日で作れるものはまずない、と言ってもあらかた間違いではないと思います。

それを示すために、まず、ざっくりとですがホームページの作り方の手順を下の通り示します。これは、皆さんがホームページを作る業者さんと契約をした際に、おおよそ一般的に行われる打ち合わせの内容や作業の手順です。

<ホームページの作り方・手順>

  1. ホームページの目的・コンセプト・デザインの設定、コンテンツ(文章や画像など)等の大枠を設定する
  2. ホームページのレイアウト構成(コンテンツの配置のしかた)を決定する
  3. 上に基づき文章を書く
  4. 上に基づき画像を作画・編集する
  5. 各コンテンツをまとめてHTMLファイル(ホームページの実態となるファイル)とCSSファイル(ホームページのデザインを規定するファイル)にする
  6. HTMLファイル、CSSファイルや画像ファイルなどをWEBサーバ(ホームページの実際のありか)にアップロードして諸権限を設定する

どうでしょう? 「ああ、これなら出来る」と思われた方はこのコラムはお読みになる必要はありません。ですが、多くの方は、上記の手順のほん一部であっても「ん?どうやるの?」と思われるところがあるのではないでしょうか? 次に、どうしてそのような事になるのか、について、かいつまんでご説明しましょう。

「ホームページの作り方」が簡単でない理由

さて、上記の6つの手順について、通常は皆さんと業者さんとの間でまずそのプロセス一つひとつについての役割分担を行い、そして各項目について頻繁に打ち合わせが行われ、決定されていきます。そのようにしてホームページは作られます。裏を返せば、もし本当に「カンタンなホームページの作り方」に従って皆さん一人でできるというのなら、上の6つの手順を皆さんが一人で楽々とできなければなりません。どうでしょう?

実は、上の手順のどこかが抜けていたとしても、ホームページ自体を作れる場合もあります。例えば、1や2については打ち合わせをしない事も(やろうと思えば)できますし、5と6については、前のコラムでお話したように、最近のサービスでは不要な事もあります。しかし、特に1から4までの手順は、どこかがおろそかになっていると、ビジネスで使うための品質を保ったホームページにはなりません。どこか、素人っぽい、安っぽいものが出来上がってしまいます。それは何故なのでしょうか?

下の表をご覧ください。この表は上の6つの手順を、業者と皆さんの中でどのように分担しているかを示している表になります。皆さん(ホームページの発注者)以外の業者さんの中でも、様々な人がホームページを作る工程に参加していることがお判りいただけると思います。そうです、ホームページ業者の場合、このようにホームページを作る際には、多くの専門家、プロフェッショナル人員が役割分担をして作業をしているのです。

そして、さらにそれらプロフェッショナル人材がどのようなスキル(技術)を持っているかを示した表が下になります。どうでしょうか? 実は、文系・理系、専門性・一般性の多岐に渡り、人材が活躍していることが見受けられると思います。

この結果、上の6つの手順に沿って言えば、「ホームページの作り方」を「誰でも出来る」と網羅的に言えるためには、皆さんが次の全てのスキル(技術)を持っている必要があります。

  1. 目的を策定してそのための方策を考え出せる戦略思考力
  2. 情報を整理してレイアウトに落とし込める構成力
  3. 作文をはじめとして、文章を使いこなせる文章力
  4. 魅力的なデザインを考えられるデザイン力
  5. デザインを画像データとして編集できるPC画像編集力
  6. 上記の全てをHTMLやCSSに反映できるPCスキルと、それらファイルをサーバ(ホームページのありか)に配置する知識

どうでしょう? 皆さんはお一人で上記の6つの能力についてクリアできるでしょうか? もちろん、出来る人がいない訳ではありません。しかし、一般的に、ホームページを作るプロは、上記を分業していることを思い出してください。分業するにはそれなりの理由があるのです。

「ホームページは誰でも作れる」、ただしどんなホームページでも良いのであれば

そうです。「どんなホームページでも良いのであれば」という条件を付ければ、「ホームページの作り方」が簡単だと言い切れる場合もあります。しかし、皆さんが自分の会社、事業、商品、サービス等のためにそのような条件を望むでしょうか? これが、この道のプロが存在する理由でもあります。そして、1から6までの手順をなるべく簡略に、かつプロが行った成果で実現するのが、この「ホームページ簡単作成名人」というサービスです。唯一、出来上がった雛形から3の作文のところだけ、自分のビジネスに合うように変更して頂く必要はあります。でも、それだけで、あなたのオリジナルのホームページ、しかも他の手順はプロが作業済みのものが手に入るという訳です。

このシステムはすでに多くの人が利用し、実際にホームページを作り、編集しています。このコラムを読んでいる皆さんにとって、おそらく一番楽で早いシステムでありサービスでしょう。ぜひ、無料体験を申し込み、それを実感することをオススメします。皆さんからのご連絡をお待ちしております。

・・・あなたも「ホームページ簡単作成名人」で効果のあがるホームページ作りの第一歩を踏み出しませんか? 45日間の無料お試し体験は下記からお申し込みください。

最新のコラム